技術士合格コラムColumn

2019.04.01

  • コラム

【3万PV突破】平成31年度 技術士筆記試験対策スライド(試験方法の改正・変更対応版)

 

 1.平成31年度 技術士試験の試験方法の改正について


平成27年2月より科学技術・学術審議会技術士分科会において、今後の技術士制度の在り方について審議が行なわれ、「今後の技術士制度の在り方」が取りまとめられました。
この提言を受けて、平成31年度の技術士試験から試験方法等が改正されることとなりました。

今後の技術士制度の在り方では、技術士資格の国際的通用性の確保等のため、「技術士に求められる資質能力(コンピテンシー)」が策定されました。
今後の第二次試験については、このような資質能力の確認を目的とすることが適当とされています。

それに伴い、今回の試験方法改正では、筆記試験において、必須科目が択一式から記述式に変更となりました。
今後、必須科目も記述式に対応する必要があり、筆記試験は記述式のみの試験になりました。

 

平成31年度 技術士試験の試験方法の改正について(公益社団法人日本技術士会HP)

https://www.engineer.or.jp/c_topics/005/005698.html

 

 2.平成31年度筆記試験対策スライド


平成31年度の筆記試験に向けて、対策スライドの一部を公開します。
本対策スライドは、平成31年度の試験方法の改正に対応したものとなっています。

4月から試験勉強を開始した場合、スケジュール的に厳しい部分があるため、今のうちから試験に向けた勉強を進めていくことを推奨しています。

技術士試験の第二次試験の筆記試験の合格率は十数%であり、特に記述式の成績が合否を分けます。試験制度の改正により、記述式は暗記では対応することが難しい試験となっています。

筆記試験に合格するためには、技術士としてふさわしい考え方、思考プロセスを身につける必要があると考えます。技術士としてふさわしい考え方、思考プロセスを身につけるためには、実際に技術士になった人に色々とアドバイスをもらわないと、なかなか実行できない部分があると考えます。周囲に技術士がいない等の筆記試験に向けたノウハウを収集しにくい人たちとって参考になれば幸いです。

 

3.筆記対策スライドの一部公開


 

 

%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3_%e5%af%be%e7%ad%96%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89

※論文の書き方、勉強方法等を170ページにわたり解説しています。

 

 

 

わずか20時間の学習で技術士第二次試験の合格率が2倍以上に!


技術士第二次試験の建設部門の合格率は10%程度で、合格までの平均受験回数は4回非常に難しい試験です。

「技術士の学校」なら通常よりも合格率が2倍以上、2年早く技術士を取得し、貴重な時間を無駄にしません。

全国どこからでも受講可能なオンライン講座(リアルタイム形式)です。

%e7%94%bb%e9%9d%a220180807

 

 

 

 

 

<クラス内容の一例>一瞬でわかる!合格する論文構成の考え方

実際のクラスは、講師と受講生が同時に接続するリアルタイム形式です。

 

 

 

 

%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3_%e7%ad%86%e8%a8%98%e8%a9%a6%e9%a8%93%e5%af%be%e7%ad%96%e8%ac%9b%e5%ba%a7

 

 

 

 

 

 


 

 

 

%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3_%e5%af%be%e7%ad%96%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89

※論文の書き方、勉強方法等を170ページにわたり解説しています。