合格者インタビューInterview

平中晴朗

平中晴朗さん 大手建設コンサルタント会社 沖縄県在住

自分の何が良くないのか分からないまま、闇雲に勉強する状態から抜け出せた。

 

 

平中晴朗さん 大手建設コンサルタント会社

 

Q.なぜ「技術士の学校」を受講されたのでしょうか?

若い人がどんどん技術士を取得する焦りから、早く技術士になりたいと考えていた。


受験して何回か不合格になっているうちに、自分より若い人が技術士を取得するようになりました。若い人がどんどん技術士を取得する焦りから、早く技術士になりたいと考えていました。しかし、自分の何が良くないのかが分からず、途方に暮れていました。そんな中で、講座からも積極的にノウハウを取り入れようと思い、「技術士の学校」を受講しました。

 

闇雲に勉強する状態から抜け出せた。


「技術士の学校」を受講する前は、思いに任せて論文を書いていたところがありました。必要以上にカッコいい論文を書こうとしていましたが、途中からそんな論文は求められていないことに気が付きました。以前は知識の習得に重点をおきながら、闇雲に勉強している状態でしたが、評価される論文の書き方が分かり、その状態から抜け出すことができました。

 

「技術士の学校」は開講数が多く、申込人数に余裕があった。


「技術士の学校」以外も、試験対策の講座の受講を考えていましたが、気が付いたら多くの講座は締切が終わっていました。今度こそは合格したいと考えている中で、受ける講座が少ないのは非常に痛かったです。ただ、「技術士の学校」は開講数が多く、申込人数に余裕があったため、後からでも受講することができました。九死に一生を得たという感じでした(笑)

 

Q.受講するにあたっての懸念はどのようなものでしたか?

欠席する日があったが、クラスの録画映像や仲間のフォローで追いつくことができた。


業務外の時間でも、別件でクラスに参加できない日がありました。クラスを欠席した場合、置いてきぼりを食らうことが懸念としてありました。しかし、クラスを欠席しても、クラスの録画映像や同じ受講生から情報提供を頂き、追いつくことができました。

 


「技術士の学校」の受講を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

実務で生かせることが多かった。


私のように何が良くなくて試験に落ちたのか分からない人にとっては、「技術士の学校」の受講は効果的なのではと考えます。闇雲に知識中心の勉強をする状態から抜け出すことができると思います。また、意外だったのが、勉強の過程で学んだ課題解決能力が業務でも活用できるということでした。顧客からの対応や提案書の作成等で、「技術士の学校」で学んだことを用いることで、以前よりも質の高い仕事ができていると思います。

 

 

 

【技術士の学校紹介】わずか20時間の学習で技術士第二次試験の合格率が2倍以上に!


技術士第二次試験の建設部門の合格率は10%程度で、合格までの平均受験回数は4回非常に難しい試験です。

「技術士の学校」なら通常よりも合格率が2倍以上、2年早く技術士を取得し、貴重な時間を無駄にしません。

全国どこからでも受講可能なオンライン講座(リアルタイム形式)です。

%e7%94%bb%e9%9d%a220180807

 

 

 

 

 

<クラス内容の一例>一瞬でわかる!合格する論文構成の考え方

実際のクラスは、講師と受講生が同時に接続するリアルタイム形式です。

 

 

 

 

%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3_%e7%ad%86%e8%a8%98%e8%a9%a6%e9%a8%93%e5%af%be%e7%ad%96%e8%ac%9b%e5%ba%a7

 

 

 

 

 

 

筆記試験対策スライド(平成31年度 試験方法の改正対応)の一部公開


技術士の筆記試験に向けた対策をわかりやすいスライド形式でまとめています。

スライドの一部を公開します。

 

 

 

 

%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3_%e5%af%be%e7%ad%96%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89

※論文の書き方、勉強方法等を約170ページにわたり解説しています。